坐骨神経痛の原因

東洋医学的に筋、骨、関節の疼痛・腫脹・しびれを主症状とする病症を痺証と呼びます。坐骨神経痛もこの痺証に分類されます。生体エネルギーが消耗状態で風邪(ウイルス、細菌など)寒邪(冷え)湿邪(湿気)が体内に侵入して四肢の経絡の気血運行を阻滞することで痺証となります。しびれと言うのは東洋医学的には虚(弱っている)状態です、しびれているところをグリグリと強くマッサージをしたりすると、その時は気持ちよくても後で症状がひどくなったりするので注意しなければいけません、足や臀部に症状が出るのですが内蔵の弱りが主な原因です。例えば普段は何ともない寒邪(冷え)が体を襲うと内蔵の弱りがあると、その寒邪(冷え)によって経絡(ツボの道)の気の流れが悪くなり、しびれや痛みが出たりします。その時に内蔵の弱りを良くする痛みのない鍼で気の流れを良くすることにより症状を改善に導きます。 西洋医学的には坐骨神経痛は椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・梨状筋症候群などが原因となる、症状の事で病名ではありません。坐骨神経に対して神経の流れを妨げるものによって神経の伝達が悪くなり、しびれや痛みとなります。背骨は1個1個が少しずつ動くようになっています、骨盤を作っている腸骨と仙骨の間に仙腸関節と言われる半関節(少しだけ動く関節)があり、その少しだけ動く仙腸関節が何らかの原因で動きが悪くなることにより、仙骨の上に乗っている1個1個の背骨の動きが悪くなる事により、その神経の伝達が悪くなり神経痛になると当院では考えています。歪んだ背骨や仙腸関節をやさしく動かす整体によって正しい位置に戻して神経の流れを良くしていきます。

当院が坐骨神経痛治療の際に大切にしていること

坐骨神経痛が発症する背景には必ず内蔵の弱りがあります、その弱った内蔵に痛みのない気を流す鍼をします。坐骨神経痛の方はほとんど背骨や仙腸関節が歪んでいますので背骨にやさしい刺激を入れて背骨や仙腸関節の歪みを取る整体をします。

患者様の声

吹田市K様

吹田市 K様

どのような症状でお悩みでしたか?
いつもの散歩をしている時に右足すねの外側が少し痛くなり、帰ってからそこを揉んだら余計に痛くなり、寝返りも痛く、よく眠れず歩くとびっこをひく感じで、台所でもじっとたっておれない感じで、右臀部も痛くそこから足の痛みにつながっていく感じ、左股関節のところがたまに痛くなっていたが、今は右側の症状がきつくて全然歩けない。
当院の施術を受けてどのように症状が変化しましたか?
1回目の治療後、眠れるようになったが足のだるさは残り、右臀部もまだ痛かったが3回目ぐらいから、立っているときと歩行のときに痛みが出るくらいで、少し動けるようになる、5回目ぐらいには右側の痛みはほぼ無くなり、長いこと立っていたり歩いたりすると右足がだるい、それから治療をするごとにだんだん右側の痛みは無くなり、元からあった左股関節の痛みがたまにでるくらいで、それもましになり普段通り動けるようになった。
担当者から
初めは治療で寝返りをするのもすごく痛そうでしたが、1回目の治療のあと動きがよくなり眠れるようになったと、お聞きしたので安心しました、それから少しずつ良くなっていって自宅での姿勢を気を付けていただいたので早く治ることができました。元々軽い糖尿病があり、いつも歩かれているのに寒くなってその回数が減ったことで体の動きが悪くなり発症したのではないかと思われます。寒くなっても暖かい時間に運動や散歩をされるといいと思います。お大事になさってください。
PAGE TOP